Cotton Candy

かとりょさんを中心に体操の由無し事を。

東京で再び輝く

報知新聞さんに凌平選手の記事が。

www.hochi.co.jp

日本は16年リオデジャネイロ五輪で史上最多41個のメダルを獲得。女子レスリング48キロ級金の登坂絵莉(25)=東新住建=、体操男子団体金の加藤凌平(25)=コナミスポーツ=は五輪後、波に乗れない時期を過ごした。20年東京大会で復活を目指すメダリストの思いに迫る。

 エース・内村航平(30)=リンガーハット=、床の世界王者・白井健三(22)=日体大=らとともに、リオ五輪で一番高い表彰台に立った加藤がもがいている。リオ後、白井と同じ96年生まれの若手が続々と台頭。加藤は大きなミスがなかったものの、全日本選手権で17年9位、18年12位、NHK杯は17年8位、18年15位にとどまり代表入りを逃した。

 代表活動のない期間に体を基礎からつくり直し、あん馬などでは新たな技の習得にも挑んだが、なかなか結果に結びつかない。「下の勢いはすごいですけど、僕もまだ東京で動ける年齢。経験を生かして、東京五輪では代表に入っていく」と燃える一方で、ネガティブな感情とも闘っている。「小さい頃からの『五輪で金メダル』という夢がかなってしまった。何か違ったモチベーションの持ち方を探し続けたい」。次なる目標を模索している段階だ。

 東京五輪団体メンバーはリオから1人減って4人。現代表の内村、白井らに加え、18年ユース五輪5冠の北園丈琉(たける、16)=大阪・清風高=ら、さらに下の代も頭角を現し、代表争いはし烈を極める。加藤は今年のテーマに「欲を出さない」を掲げ「代表にずっといたから、傲慢になっていた。本番は来年。それに合わせていく」と輝きを取り戻そうとしている。

 自国開催の五輪で、日本のお家芸といわれてきた体操競技にかかる期待は、過去の五輪とは比べものにならない。最大の魅力である安定感と、多くの世界大会で培った経験は大きな武器になるはずだ。

f:id:mukairi:20190214195106j:plain

「代表にずっといたから、傲慢になっていた」

先日の記事といい、さりげなく今まで聞いた事のない気持ちを聞かせてもらって。

ずっと胸がぎゅぅぅぅぅってなっています。